バリアフリー ウッドデッキ DIY。

DIYやウッドデッキの施工で人気のウッドデッカーより、バリアフリーのツールのご案内。

Wood-decker

メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

Top>バリアフリー サポート 段差解消ウッドデッキ

 取り扱い商品
 データ&サポート
 商品購入

ピックアップ

ウッドデッキ材アウトレットショップ

 


バリアフリー サポート 段差解消ウッドデッキ
ウッドデッキ+スロープ施工例

ウッドデッキ + スロープ(介護保険住宅改修費利用)

室内の床と庭先にあるウッドデッキ床高をバリアフリー化し、室内から車いすに乗ってそのまま屋外へ移動することが出来ます。さらにスロープをウッドデッキに取り付け外出の際、気軽に地表レベルへ降りることが可能になります。居室への出入りはスロープ--ウッドデッキ--を結んだラインになり、段差が多い室内を通過せずに容易に出入りが出来るようになります。

怖い段差が解消されて気軽に外出が出来るようになるので、介助者、被介助者のストレス軽減に貢献できるユニークなウッドデッキの利用例です。

写真の仕様は デッキ面 2m x 3m、 スロープ面 巾60cm 長さ 7.2m
施工費用の目安 50万円〜 (材料費用、工事費合計)

御利用場所に合わせて設計調製致しますので、お気軽にご相談ください。

ジョイストリフター詳細図面
階段の段差を解消するスロープ
階段が障害となって玄関から車椅子が使えない。

アプローチから階段の上までウッドデッキを斜めに設置すれば、使い勝手の良いスロープができます。
不要になって解体する際でも安価に廃棄ができます。
コンクリート製だと製作、廃棄に高額な費用が掛かります。
使用例は左の写真をクリックしてご覧ください。


介護保険の住宅改修工事補助を利用することができます。
自治体によって多少違いがありますが、概ね18万円の補助が1回限り受けられます。
(※ケアマネジャーさんとの調整が必要です) 

お見積もりが必要な方はお気軽にお問い合わせください。
レベル調整根太 詳細図

レベル調整 アジャスターボルト

マンションのバルコニーにウッドデッキを敷こうとすると床面が傾斜しているため、そのままだと傾斜してしまいます。
下地材(根太材)の高さを調整することで水平なウッドデッキにする事が可能です。
根太材に貫通穴を空けて、オニメナット(雌ネジ)を取付、簡単に高さの調整ができます。
利用方法は左の写真をクリックしてご覧ください。

ボルトの長さは 30mm 50mm 70mm 105mm の4種類を用意しています。
価格は 30mm @\190. 50mm @\210. 70mm @\220. 105mm @\250.