Wood-decker


 

No.47 戸建て住宅のアカシアデッキ材(滋賀県 小舟木エコ村プロジェクト


80坪以上の敷地を持つ区画が400戸もある広大な場所です。

トレーサビリティが裏付けられている建材を利用し、環境破壊を出来る限り抑制してゆく未来型の住宅地で「アカシア デッキ材」を採用頂きました。




【完成年】 2009年11月 
【所在地】滋賀県 分譲住宅

1階部分の濡れ縁型ウッドデッキと2階のバルコニーフェンスに使って頂きました。

白い壁面とのコントラストがとても印象的です。

 小舟木エコ村プロジェクト

各個敷地内に耕作地を作ることを義務とし、栽培には雨水を利用し、肥料は生ゴミを発酵させて堆肥を利用する。

環境、社会そして経済を視野にいれた ”持続可能な社会”実現するプロジェクト。

詳細はこちらのリンクでどうぞ。

耕作地が敷地内にある場合、居室と屋外の接合部としてウッドデッキはとても大切な役割を果たします。

畑仕事の合間の休息場所、居室内へ入る前の汚れ落とし、収穫作物の選別作業など、とても使い勝手の良い場所になっています。

問い合わせ