Wood-decker


 

No.60 ハーフビルド お庭のデッキ

クリックすると大きな画像が見られます

最近たくさんお問い合わせを頂いている、ハーフビルドの工事です。
一戸建てのお庭にお部屋からバリアフリーにアクセスの出来るウッドデッキをご希望され上板の貼り込みにチャレンジされました。
クリックすると大きな画像が見られます
コンクリート平盤の敷き込みと束、大引き、根太までの造作を私どもが行い、ウッドデッキの止め付けをお客様が行うプログラムです。
階段部の下地の造作もさせて頂きました。
堅牢な下地の構成です、永くご利用頂くための大きな要素です。
ウッドデッキの片側が斜めになったデザインで、この部分がご自身で作ると一番難しいところだと思います。
仕上がりがとても楽しみです。
クリックすると大きな画像が見られます

斜めの部分をウッドデッキ側から撮影しました。
階段部分も斜めで、L字形に踏み板が交わるのでここの収まりも腕の見せ所です。
できあがりがとても楽しみです。

クリックすると大きな画像が見られます
下地の造作が完了しデッキ材を並べ始めたところです。
ここではデッキ材の隙間を出来るだけ均一になる様に配置し、要所要所を仮止めしながら作業進めます。
仮置きをしてビス止めされていないデッキ材を斜めに踏みつけると、あらぬ方向に滑り 足を取られるので注意が必要です。

クリックすると大きな画像が見られます

ここからはお客様の出番です!

必要な道具をそろえます、木材をカットする電動ノコギリは新しい刃を使用し軽快にカット出来るようにしましょう!
切れが悪くなった刃物で作業をすると無理に押したり引いたりして危ないことが有ります。

クリックすると大きな画像が見られます
ばらばらだった斜めのデッキ部分も定規を当てて丸ノコで綺麗に切り落としが出来ました。
この仕上がりならばプロのお仕事と変わりがありません、スカッと切られています。
ハーフビルドの良いところは、ご自分のデッキの構造を熟知することが出来るので、メンテナンスも非常に気楽に行えます。
トータルコストを抑えられ、自作の満足感を得ることが出来、ご家族の賞賛と感嘆をもらう事も出来ます! さああなたもどうぞ!

完成年】 2012年5月 
【所在地】横浜市 戸建て個人邸

問い合わせ