Wood-decker


 

No.64 既存ウッドデッキ解体再構築工事

束柱の拡大写真が見られます

設置から7年ほど経過した ウエスタンレッドシダー で作られたウッドデッキです。
写真はウッドデッキの構造部束柱のもので、コケが生えて腐食が進んで危険な状態です。
デッキ表面の拡大写真が見られます
床面も写真で見ると問題は無いようですが、束柱と同様に腐食が見られ、ビス止めした部分が割れ、床板が持ち上がっている所もあります。
フェンスの支柱も金物で立ち上げているため、ぐらぐらと揺れる様な状態、更に腐食が進むとフェンスが倒壊することも考えなくてはいけない状態です。
基礎部分の拡大写真が見られます

基礎部分はコンクリートで堅牢に作られているので、このまま利用が出来ます。
新しいウッドデッキの設計はこれらの基礎を流用することを前提に行われ、結果的に作業費の削減が出来ました。

束柱、大引きの拡大写真が見られます

束柱を建て込み大引き材を取り付けたところです。

根太が取り付けられた拡大写真が見られます

大引き材の上に根太材を固定しこの上に床板を設置します。

支柱が取り付けられた拡大写真が見られます


大引き材と根太材に絡めるようにしてフェンスの支柱を取り付けたところです。

完成したウッドデッキの拡大写真が見られます

フェンス、階段が取り付けられて完成しました。

シンプルな横桟のフェンスで視線をある程度遮断することと通風確保する事を両立させました。

ウッドデッキ内部の拡大写真が見られます
階段の上から見たところです。
上から2番目の写真と見比べると、すっきりしたデザインに仕上がっています。
しっかりとした造りで強度があり、今後20年以上安全に使って頂けます。
ウッドデッキ外観の拡大写真が見られます
外側からみたウッドデッキの全景です。
製作図面の拡大写真が見られます
製作図面です。

この図面を基に職人さんたちがしっかりと造り込みを行います。

完成年】 2012年9月 
【所在地】東京都 個人邸

問い合わせ